ポルカドットスティングレイ初見感想。雫さんの魅力とギャップがとにかくすごい

先日参加したJAPAN JAM 2018のサンセットステージでトリを飾ったのは、生で聴くのはお初のポルカドットスティングレイ

私はこの日初めて、ポルカドットスティングレイのステージを観たのだが、この1回で彼女たちのイメージが変わった
いい意味で。いや、悪い印象を持っていたわけではないのだが、この日感じたこのギャップはすごくよかった。
観てみるまでわかんないなとはわかっているのに、こういう感覚を得てしまった時には毎回「やはり本物を観るべきである」と改めて思う。

私的にはポルカと言えばこれ。”テレキャスター・ストライプ”。
ボーカルはカッコよいお姉さんで、これまたセクシーでカッコよいオシャレで踊れる曲を作ってる、あとはマスコットキャラクターのビビがめちゃんこかわいい。そんな印象。
これめちゃくちゃにクセになって、1曲リピートで永久に聴いていた時期がある。

そんな、ひたすらにクールでスマートでカッコいいみたいなイメージを持った状態で、あわよくばテレキャスター・ストライプを演ってくれたらいいなみたいな気持ちで、何も知らない私はサンセットステージに向かったわけである。

Vo.雫さんの魅力がすごい

出典:OKMusic

セクシーな歌声とは裏腹に、「竹を割ったような」という言葉をそのまま人間にしたみたいな、明るくて面白い方であった。そのギャップに完全に持っていかれた。
ステージに出てきた段階で「ちっちゃ!ほっそ!かわいい!アイドルか!?」と思った(私は女です)し、そのキュートな容姿と明快な人柄から入った人であれば、逆に歌声のセクシーさにギャップを感じるのかもしれない

歌声ももちろんすごく魅力的なのだが、その容姿や人柄とのギャップがあることで最高がより最高になっている感じがした。

さらに私がいいなあ!と思ったのはギターソロ前の雫さんの煽り
「そこかい!」って感じかもしれないが、あれだけカッコつけず全力で叫ばれたら相当グッとくると思う。私だけかな。

惜しげもないサービス

出典:JAPAN JAM 2018(ジャパンジャム2018)クイックレポート

リハーサルから観ていたのだが、リハーサルを兼ねて曲を披露してくれた。
それ自体はまぁよくあることだが、「サウンドチェックのため」というよりは「そこに観客がいてその人たちに演奏している」という意識をもってやってくれているパターン。

さらには「いつもならここでギターソロですが、今日は後ろの野郎三人全員ソロ回します!」というサービス。
楽器ごとのサウンドチェックをかなりサクッと終わらせていたため、それも兼ねてのことかもしれないが、観客にとってはめちゃくちゃ嬉しい事だった。

ステージ中も「次、ぜったい盛り上がる曲やります!みなさんを(その日の大トリサカナクションに)逃がさないために!(笑)」ってキラーチューンを演ったり、「そのCDをね、買ってもらいたいわけ、みなさんに!」って新曲を演ったり。
私のような新規のオーディエンスも楽しめるように(結果的にコアなファンもあれを楽しんでいたと思うが)解説や笑える演出があったり。

なんというか、とにかくカッコつけないわけである。飾らないわけである。
この日、初見とは思えぬほどに一気に身近な存在に感じさせてくれたのだ。行って良かった。
しゃれた曲が多かったり、歌声の色気がハンパなかったりするために勝手にクールなイメージを持っていたが、本当にこのバンドは全然カッコつけない。カッコつけないことがカッコいいバンドだった。

全然関係ないが雫さんのあの喋り方、「あれ?なんか通ずるものを覚える…もしかして三河人なのでは…!」と思ったら全然福岡出身だった。

好きになりそうな匂いは感じてるんだけど、なんとなく遠い存在に思っている人がいれば一度観てみてもらいたい
ボーカルの事ばかりになってしまってアレだが他が良くなかったとかではなく、それほどに雫さんの魅力が印象的だった。

JAPAN JAM 2018 サンセットステージにて撮影

ちなみにJAPAN JAM 2018には5日だけで参加してきたのだが、昨年は砂埃が凄かったようで、今年は3000万かけて全面人工芝にして解決したとのこと。
おかげで一日快適に過ごすことができ、本当に文句の付け所が無いいいフェスだった

GWやその前後は春フェスが集中しやすいところではあるが、アーティスト良し・日取り良し、ただし体は一つしかないんだよといった具合で天秤にかかることがあれば積極的にこのJAPAN JAMを選択したいとまで思った。