すごいぞ、BUMP OF CHICKENの光るブレスレット「PIXMOB」

なんとも間抜けなタイトルであるが、これ以外思いつかなかった。
現在BUMP OF CHICKENが回っているツアー、「BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER」にて手に入る、光るブレスレットの話である。

アイドルのライブにて、若しくはアイドルのライブ用にCDショップや雑貨屋などにてよく販売されている推しの色に光るアレ、通称「ぴかぴか棒」に合わせて私はBUMPのアレを「ぴかぴかブレス」と呼んでいた。勝手に。持ってもいないのに。

出典:BUMP OF CHICKEN official website

調べたところ、公式ではこれのことを「PIXMOB」という名前で呼んでいた

一般のアカウントはもちろんのこと、多くのアーティスト・芸能人・モデルなどなど、多くのアカウントでPIXMOBのついた左腕の写真が「BUMP OF CHICKENが素晴らしかった」という旨の感想と共にSNSに投稿されていて、正直毎回非常に羨ましい

先日おじゃました友人宅にそのPIXMOBがあったので少し触らせてもらったが、いろいろとすごい。さすがBUMPと言わざるを得ない出来栄えであった。

会場以外では振ると色が変わる

私が友人宅で触ったときは、PIXMOB本体を振るなどして衝撃を与えたりといったきっかけで光の色が変化した。
スイッチ的なものはなく、友人は貰った時についていたと思しき薄っぺらいプラスチックのような絶縁シートを差し込んで制御していた。
この絶縁シートをなくしてしまった場合、まぁ他で代用は効くかもしれないが少なくとも家までは光り続けるということになるのだろうか。
…多分その考えはないと思うが、帰り道が安全になっていいと思った。

会場では音楽とシンクロして色が変わる

その振って光の色が変わるPIXMOB、会場では音楽の雰囲気や歌詞とシンクロし、全部が会場側で制御された光り方になるそうだ。

どんな方法で制御しているのか細かくは分からないが、

「PIXMOB」はコンサート会場内で専用のソフトウェアを使用してライトアップするタイミングとパターンを赤外線信号で制御しております(ご自身での発光はできません)。

公式によれば上記の通りらしい。
かなり繊細な制御がされるそうで、すごい。一個だけ赤外線から漏れてしまうとか無いのか。

近年見られる、どこから発信なのか、どこからともなく会場の皆がスマホの懐中電灯機能を使って光らせ、ステージに向かって掲げて振るやつ。
あれの光が制御されたバージョンみたいなイメージだろう。想像しただけでキレイ。

販売グッズではなく来場者に配布される

当然販売グッズで、みんなほしすぎて購入するのだろう、何度も行く人は何度も同じのを使うのだろう、と思っていたのだが、PIXMOBは販売グッズではなく配布されるものとのことなので驚きだ。

普通に販売グッズにしても売れるだろうに…と思ったが、

今ツアーで終了した公演も含む、過去のライブでお配りした「PIXMOB」は、周囲のお客様のものと違う光り方をする恐れがあり、会場全体の演出の妨げに繋がる場合があります。そのため、当日の客席への持ち込みをお控えいただくようお願い申し上げます。

このような注意書きがあり、納得した。
チケット代も確かに言われてみれば比較的高価であるが、大人気公演につきそんなことも気になっていなかった。

出典:HMV BOOKS onlineニュース

これだけ楽しめて持ち帰れて、演出にももちろんなるものを配布するなんて。いいことしかない。
一度その場で、PIXMOBの演出を観てみたい。
きっと一度見たら何度でも観たいといい始めるが。