THE ORAL CIGARETTESってなんでこんなに何回も観たくなるの

次々にタイアップが決まり、完全にきてるバンドTHE ORAL CIGARETTES。
映画「亜人」の“BLACK MEMORY”も相当にドはまりしており、映画でも相当にマッチしたしライブステージでもめちゃくちゃに映えていた。
この手のダークな雰囲気の映画ドラマアニメからタイアップが続きそう。

音楽も相当にカッコいいのだが、私的にこのバンドに惹かれるポイントとして「動きがなんかいい」というのがある。
多かれ少なかれ、ライブでパフォーマンス的に「それはほぼほダンスと言えるのでは」レベルで動いているアーティストはたくさんいるが、その中でもTHE ORAL CIGARETTESのライブでの動き、なんならMV内での演奏中の動きは特徴的
なんだろう、王道に、だれがどう見たって超カッコいい!という感じではないんだけど、なんかハマる

最近のMVでは演奏シーンよりもイメージ寄りな映像が多めだったり、なんなら役者になっちゃってたりするのであまりじっくりと見られなくなってしまったのだが、数年前に公開されたMVにはメンバーの演奏シーンが多く使われているものがほとんどで見つけやすい。
個人的には役として演じるよりも、この独特な動きが見られたほうがTHE ORAL CIGARETTES感も感じられるし(?)好きだ。

Vo.山中拓也編

まずボーカル山中拓也さんの動き編。
なんだろう、この…操り人形っぽい動き。なんとなく「上から吊られてる感」があって不安定な感じ。絶対ちょっと浮いてるでしょうこの人。大きすぎなくらい大きな目と合わさって表現力も増している。
個人的に「君の姿見つ”め”て」のとこの指を前に突き出すのとかやたら好き。「君」でも「見」でもなくこのタイミングっていう(そこまで意識しているかはわからないが)センス。

“DIP-BAP”のコレもライブで観客と一緒にやったりするのだが、正直彼がやっているからカッコいいところがある。
ライブ時に一人一人のコレの出来なんか見えていないし結果楽しいから別にいいのだが、山中さんほどサマになっている人はほぼいないのだろう。
山中拓也さんだけにあるこの「雰囲気の良さ」の正体は分からないが、多分運動神経とダンスのセンスが抜群にいいのだと思う。そう思うことにした。

Ba.あきらかにあきら編

出典:あきらかにあきら(@akyakyakya)さん | Twitter

脚の上がり方が、脚を上げがちなアーティストの中でも特にすごい
金髪も似合っているし笑顔も輝いていて、スポーツ選手みたいだ。そしてこんなにハーフパンツが似合う人もなかなかいない。この超高く上がる脚にも相当目が行く。

はじめまして。 噂のダークホースバンド《THE ORAL CIGARETTES》のベーシストとハモリスト。 『ストラップは誰よりも短く、脚は誰よりも高く』をテーマにベースを振り回してます。 うちのチームは最強です。
引用:あきらかにあきら(@akyakyakya)さん | Twitter

これはご本人Twitterアカウントの自己紹介文だが最早自分の理念として掲げているまである。
そこじゃないけど「うちのチームは最強です。」とか言ってしまえる人、好きです。

以上二人のこの動きの独特な感じが、THE ORAL CIGARETTESのMVを何回も観てしまう理由の一つかと思う。
MVだけではなくライブでもそれはもう気持ちよく動きまくるので観ていて楽しいし、世界観強めなのにステージが始まってからこの世界観に入り込み切るのが早いのも、この動きの視覚的な効果あってのことなのではと思っている。

楽曲よし・演奏よし・パフォーマンスよし・トークもよし・なんなら顔も良し、噂で聞いた限りだが性格もめちゃくちゃよしとのこと。
すごい。後はライブを休日にやってくれさえすれば最高に助かる。