シシドカフカがロングヘアーをカット!その理由は?

シシドカフカ ショート

シンガーでドラマーのシシドカフカさんが先日、トレードマークのスーパーロングストレートの髪をバッサリとカットした。
朝TVで取り上げられているのを偶然観て目が覚めた。
女優さんには割と疎いので「この人シシドカフカさんみたいな顔だなぁ」と思っていたら、何言ってんだ本人だって話なのでびっくりだ。

出典:Qetic

こちらがカット前のシシドカフカさん。
歌って叩ける時点で相当すごいのに、それに加えてこのビジュアルの良さ

隙のない美しさと艶やかさでモデルやTV出演も多くバラエティ番組でもよく見かけるし、なんと役としてドラマに出たりなんかもしている。(ちなみにその時も「シシドカフカさんっぽい人だな」→「え、本人さんだ」という驚きがあった)
とにかく美しいしか言えない。ちなみに身長は175cmとのこと。…高い。

シシドカフカ 笑顔 かわいい
出典:日経トレンディネット

強くとがった印象を受けるが、屈託のない笑顔はとてもかわいらしく、人形が突然人間になったかくらいのギャップ。それもまた魅力の一つなのではないか。

大胆カットの理由は?

“羽田ブルース”のMVをきっかけにバッサリカットしているが、私が観た朝のニュースでも言っていたし、どのインタビューでも言っているのが「飽きたから」とのこと

「デビュー当時からあの髪型で、自分自身もトレードマークにもなっていた」と認めた上で「自分自身が固定されているような感じがしたので、バッサリと新しい自分になれたらなと思って切りました」と、黒髪ロングのイメージから脱却したかったと話した。
引用:デイリースポーツ online

もちろんインタビューで感想を聞かれることになるが、
「切っている途中は切なくなるかと思ったら、ニヤニヤしていました」
「髪を切るとこんなにさっぱりするのかと思いました」
「乾かしたりなど時間の短縮になります」
「今のところはショートカットを続けるが、今後はいろんなヘアスタイルを楽しんでいきたい」
など、とても前向き。やっと切ってやった、くらいの気さえ感じる

ちなみにここまでカットしてこなかった理由は、「パフォーマンスの一部だから」

ロングの黒髪がトレードマークのシシドだが、「ショートヘアにしたいと思ったことは?」と問われると「切実に思っています」と苦笑い。「この髪形はパフォーマンスの一つ。ドラムはそこから動けないので、髪に動きを持たせています」と髪形を変えない理由を明かした。
引用:福井新聞ONLINE

切りたかったんだ…。
飽きたから、と初めに言いつつも、「シシドカフカ」の像が一般の人たちの中で出来上がったいま、新たに踏み込むきっかけとして思い切ったカットに至ったという風に読み取れる。

前髪はそのまま

シシドカフカ ショート ロング 比較
出典:ガジェット通信 GetNews

比べてみればわかるが、前髪に関してはフォルムからラインから健在である。
重めで少しカーブのかかったぱっきりとした前髪。
これによって「強くしなやか」というシシドカフカさんの大きな印象が変わらずにいるのかなと感じる。
しかしこんなわかりやすい画像を用意してくれるなんて、こうして比較画像を作られることを読んでいるとしか思えない。

流れるチョコレートみたいなスーパーロングヘアが好きだった!という人ももちろんたくさんいて、「ショック」「長いのが好きだった」などの意見も見られる
主にショートで超喜んだのは女性が多く、切っちゃったの!?とショックを受けたのは男性が多いように感じる。
ちなみに私は超・超・超・ショートヘア肯定派。とっっっっても美しい。さすが。