UNISON SQUARE GARDENのCDの、帯に書いてあるコピーまとめ

CDを買うとついてくる、帯。
よく考えたら帯って何の意味があるんだろう?と思い、軽く調べてみたところ「背を向けて陳列した際のデザインスペースをより広くできる」「バーコードの場所の確保のため」などが出てきてなるほどと思った。

そんな、極端な話買ってしまったら要らなくなる帯なのだが、UNISON SQUARE GARDENのCDの帯には毎回、帯に書くだけにしておくのはもったいないほどの、めちゃめちゃ良いコピーが書かれている

そのコピーはやたらと宣伝などに使ったりアピールされたりするわけではなく、本当にそっと、何事もなかったかのような顔でそこにいる。それがまたいい。
ファンの中でもこれを何気に楽しみにしている人がたくさんいるようで、帯を含めた写真がSNSに上がることも多い。

私が買い始める前のこの”帯コピー”がどうしても見たい!と思い立って、画像検索であたる写真を凝視しながら調べてみた。

UNISON SQUARE GARDEN 帯コピー一覧

ジャケット 発売日 タイトル ナンバリング
2006/8/1 新世界ノート 1st ミニアルバム
2008/1/16 流星前夜 2nd ミニアルバム
「モノクロームとフルカラーが同居する、 みたこともない世界。ネクストジェネレーションの大本命。」
2008/7/23 センチメンタルピリオド 1st シングル
2009/1/28 マスターボリューム 2nd シングル
2009/4/15 UNISON SQUARE GARDEN 1st フルアルバム
「ロックバンドは、楽しい。」
2010/2/10 cody beats 3rd シングル
2010/4/7 JET CO. 2nd フルアルバム
「可能性なら、いくらでもある。」
2010/11/24 スカースデイル 4th シングル
2011/5/11 オリオンをなぞる 5th シングル
「ナイフを持つ その、本当の意味」
2011/7/6 Populus Populus 3rd フルアルバム
「それでも、それでも明日を探す。」
2012/7/25 流星のスコール 6th シングル
「一回だけしかないなら 一回だけで十分だ」
2012/9/19 リニアブルーを聴きながら 7th シングル
「無我夢中に、理由は?」
2013/2/6 CIDER ROAD 4th フルアルバム
「行き着いた先に、何もなくても。」
2013/11/6 桜のあと(all quartets lead to the?) 8th シングル
「喜怒哀楽quartet'何処へ行く?」
2014/2/5 harmonized finale 9th シングル
「いつかは必ず終わるから。」
2014/8/27 Catcher In The Spy 5th フルアルバム
「事件ならとっくに起きてる。」
2015/5/20 シュガーソングとビターステップ 10th シングル
「死ねない理由を見つけ出せ」
2015/7/22 DUGOUT ACCIDENT ベストアルバム
「端役、伏兵、大暴れ」
2016/7/6 Dr.Izzy 6th フルアルバム
「どこを晒すか、どこを隠すか。」
2017/8/9 10% roll,10% romance 11th シングル
「4年後もどうせ君が好き。」
2017/11/8 Invisible Sensation 12th シングル
「その才能に用がある。」
2017/11/15 fake town baby 13th シングル
「君の常識に用は無い。」
2018/1/24 MODE MOOD MODE 7th フルアルバム
「かくして万事は気分の仕業。」
2018/3/7 春が来てぼくら 14th シングル
「ざまみろ、これは僕らの歌だ。」

※ネタバレになってしまうと良くないので発売後1~2週間を目安に追加しています。

帯コピーが見つからなかったものもあるのだが本当に無いのか、本当はどこかにあるのか…。

こうして見ると”流星前夜”の「モノクロームとフルカラーが同居する、 みたこともない世界。ネクストジェネレーションの大本命。」は、多分普通に売りのためのキャッチコピー?で、帯の独特なコピーはそのあとからなのかなと感じる。

ユニゾンファンのファン心を揺さぶる

歌詞が引用されて書かれているパターンもあるし、最近のものになると歌詞と関連したコピーが書かれている。
“10% roll,10% romance”の帯コピー「4年後もどうせ君が好き。」は本当にシビレた。
2番サビの「君がどんなフレームに僕を入れるのか、知りたいけど4年ぐらいは後でもいいか」から来ているのだが、アニメ版では流れていないところの歌詞から取ることによって、お店で受け取ったときには「?」だがちゃんとフルを聴いてから見ると「ああああ」ってなる。

あー、4年後もきっとユニゾンが好き…!って思った人、少なくないはず。

1stフルアルバム”UNISON SQUARE GARDEN”のコピーは「ロックバンドは、楽しい。」
そしてオフィシャルの田淵さんのブログでは、度々UNISON SQUARE GARDENのことが「ロックバンド」と書かれている
1stアルバムを出した時からずっと、変わらない姿勢で音楽をやり続けているよ、という事なのだろうか。

この記事を読んだ人におすすめ
このページをシェアする