意外とたくさんあるバンドのLINEスタンプ

LINEスタンプ アレキサンドロス

最近になって気が付いたのだがバンドのLINEスタンプや着せかえが割とある。
てっきりそういった音楽と関係なく露骨に商業チックなことは避けていると思っていたのだが、[Alexandros]のスタンプが発売されたのをきっかけに「もしかしてこのバンドもあるんじゃないか?」と検索してみたら予想以上にあった。
「もしかしてこのバンドも」どころか結構な数が発見されて全部ほしくなってしまって勝手に大変だった。

予想以上に発見できたバンドのLINEスタンプだが、多くのバンドがやっているというだけではなく、かなり遊んだ内容になっている。

クリエイターズLINEスタンプのルール

LINEスタンプ
出展:LINE Creators Market

実は私もクリエイターズスタンプを作ろうとしたことがあるのだが、作る際にはデータ制作→審査→発売という流れがあって簡単になんでもスタンプにというわけにははいかないのだ。

NGなスタンプ

· 日常会話で使用しにくいもの(例:物体、景色など)
· 視認性が悪いもの(例:横長な画像や、8頭身キャラクターの全身など)
· スタンプ全体のバランスを著しく欠いているもの(例:淡色ばかりのもの、単なる数字の羅列など)
· 公序良俗に反するもの、未成年者の飲酒喫煙を想起するもの、性的表現、暴力的表現、ナショナリズムを煽るもの
ガイドライン – LINE Creators Marketより)

結果的にイラストが使用しやすくなるのだろう。
少し前までは確か、写真を使ったものはダメというルールもあったはず。私が作ろうとしたときはそうだった。今はそんなこともないようだがそういった理由も少なからずあるかと思う。

そんなルールの中審査を突破してバンドスタンプが作られているのだが、まだまだ検索したら出てくるが一部上げるとこのような感じ。

アルカラ、ドラマチックアラスカ、KEYTALK

LINEスタンプ アルカラ ドラマチックアラスカ KEYTALK
出展:くだけねこドラマチックアラスカ きばおKEYTALK MONSTER – LINE スタンプ | LINE STORE

バンドの公式マスコットキャラがいるバンドはこのようにマスコットキャラを使ったスタンプを作っている場合が多いようだ。
内容は使いやすさ重視の日常で使ってね的なものから、有名な曲の内容がこっそり盛り込んであるいわゆる“使えないけどほしい”ものまでさまざま。

SEKAI NO OWARI、SHISHAMO、Mrs.GREEN APPLE、グッドモーニングアメリカ

LINEスタンプ セカオワ
出展:SEKAI NO OWARI by 恋犬セカオワシュールスタンプ – LINE スタンプ | LINE STORE

SEKAI NO OWARIは2種類のスタンプを出しており、超ざっくりいうとかわいいやつとシュールなやつである。
複数出すにしても同じようなものでシリーズっぽくそろえることが多いと思うが、対局な2種類となっている。
シュールなやつ、使いタイミングはないが欲しい。

SHISHAMO LINEスタンプ
出展:SHISHAMO NO TSUKAERU STAMP!!! – LINE スタンプ | LINE STORE

SHISHAMOはファンお馴染みのあのイラストである。…と思いきや下の方は何やら様子がおかしいので気になる人は下までスクロールしてみてほしい。

Mrs. GREEN APPLE LINEスタンプ
出展:Mrs. GREEN APPLE – LINE スタンプ | LINE STORE

全体的に見て、メンバーのデフォルメが成立しやすいバンドが多いというのはあるだろう。
普通のカッコよさげな男性四人とかのバンドだったらぱっと見誰が誰?となりかねないし、大体そういうバンドはかわいいスタンプを出そうという考えは持たないのかもしれない。

色々と検索してみたが、公式が販売しているスタンプで多分間違いはないものの、「公式スタンプ」ではなく「クリエイターズスタンプ」に分類されているものが多かった。
公式だとお金がかかるとか、何か理由があるのだろうか。

ライブに行く人向けの内容になっていたり、そのバンドのファンにしかわからないようなスタンプがあって優越感を得られたりするので、暇だったら買う買わないに関係なく好きなバンドのスタンプを探してみるのもお勧めである。