眼福でしたKEYTALKの一日駅長。東武線とコラボレーションのKEYTOBU

KEYTALK KEYTOBU 東武線 電車 一日駅長

東武鉄道とKEYTALKのコラボ企画「KEYTOBU」。
柳瀬川駅、上福岡駅、川越駅、鶴ケ島駅、森林公園駅の5駅間で様々な企画が行われる。

内容としてはスタンプラリー、発車メロディジャック、KEYTOBUトレイン(メンバー参加イベント)、イベント後もイベントで使用したヘッドマーク掲出列車の運行をするなど盛りだくさん、アイドルみたいなイベント内容である。
KEYTALKのロックバンド離れした面白企画をポンポンやることろが個人的には大好きだ。
唯一バンドらしい要素は「発車メロディジャック」だろうか。

なぜこの区間なのか

電車とコラボの企画は他のバンドでは聞いたことがなく新しい企画だと思うのだが、なぜこの区間なのかというのは気になるところである。
調べてみたところ、KEYTALKにゆかりのある土地らしい。つまり聖地である。

KEYTALK KEYTOBU 東武線 電車
出展:KEYTALK(@KEYTALKtweet) | Twitter

メンバーは東上線沿線で学生時代を過ごし、互いに出会いバンド活動を開始、川越駅周辺のライブハウスなどでライブを重ね、川越をはじめ東上線沿線は、KEYTALKの活動の原点ともいえる場所と言うこともありこの夏、東武鉄道とKEYTALKが互いのさらなる飛躍を目的にコラボレーションが実現しました

引用:KEYTALK×東武鉄道コラボ企画で「KEYTOBUトレイン」運行、メンバーが池袋駅の1日駅長に | Musicman-NET

スタンプラリーもKEYTALKに関連する土地で行われており、上記の5駅に加えて池袋駅・朝霞台駅の7駅に設置されている。
用紙にメンバーとゆかりの地との関係が書いてあるようだ。コアなファンはもちろんだが、最近ファンになった人にとっても勉強になって(?)かなりうれしい企画なのではないだろうか。
とくに川越周辺は多くの場所がゆかりの地として紹介されているとのこと。

ちなみにメロディジャックの内容はこちら

上り 下り
柳瀬川 YGB blue moon light
上福岡 Summer Venus 桜花爛漫
川越 MONSTER DANCE MATSURI BAYASHI
鶴ケ島 MABOROSHI SUMMER BEAM
森林公園 wasted トラベリング

最近の曲ではなく、昔からの人気曲が多く入っているような感じで、これも”ゆかりの地”であることが関係しているのかな?と思う。
(ただ単によく知られている曲にしただけかもしれないが)

“YGB”は「Y(ヤ)G(ギ)B(ビート)」の略らしいと聞いたことがある(ちなみに作曲も八木さんである)がもしかして柳瀬川駅って八木さんにかなりの関係がある場所なのだろうか…など色々考えられるが、スタンプラリーのカードを見てみないとわからない…。

KEYTALKメンバーが一日駅長、臨時イベント列車「KEYTOBUトレイン」の運行

KEYTALK KEYTOBU 東武線 電車 一日駅長
出展:KEYTALK(@KEYTALKtweet) | Twitter

そして最大の魅力、というか目玉がこの一日駅長

東上線の始点である池袋からKEYTALKの活動の原点である川越まで50090型車両により「KEYTOBUトレイン」にご乗車いただくイベントです。車内では東上線1日駅長のKEYTALKメンバーも社内に乗り込み、様々なイベントやメンバーによる車内アナウンスをお楽しみいただけます。また、本イベント参加のお客さま全員に限定記念品をプレゼントいたします。

引用:KEYTALK、東武鉄道<夏フェスティバル♪KEYTOBU>開催 | KEYTALK | BARKS音楽ニュース

定員は360名。チケットは相当な競争率だったに違いない。
私も行きたいがこんな幸せ、私がチケットをあてたところでチケットに落選するコアなファンの気持ちを考えたら申し訳なさすぎて逆にいけない。

KEYTALK KEYTOBU 東武線 電車 一日駅長
出展:KEYTALK(@KEYTALKtweet) | Twitter

SNSで発信された、かわいいなんて言われてもメンバーは嬉しくないかもしれないが可愛すぎる写真が見られただけでもありがとうございますという感じである。眼福。公式さんありがとうございます。

チケットを当てた方々、おめでとうございました。

9月10日(日)、横浜アリーナワンマンライブの日まではこのヘッドマーク掲出列車が東武東上線を運行しているとのこと。
横浜アリーナは行くのでぜひとも乗りたい。