“feat. GEROCK”企画みたいなのをまたやってほしいっていう話

GEROCK ゲロルシュタイナー

ポッカサッポロの”GEROLSTEINER(ゲロルシュタイナー)”とロックバンド三組がコラボレーションしたfeat. GEROCK企画
当時はロックバンドへの興味も今ほどではなかったため普通に見てスルーしてしまったのだが、あれ以来このように音楽的に企業と複数のバンドがコラボレーションすることがあっただろうか。

しかも当時(2012年)はどうだったか記憶があいまいだが、MAN WITH A MISSIONBIGMAMA[Champagne](現[Alexandros])というアーティストでこの企画。今(2017年)だったら大ニュースである。

“feat. GEROCK”とは

GEROCK ゲロルシュタイナー
出展:音楽ナタリー

GEROCK(GEROLSTEINER×ROCK)は2012年に行われた企画で、炭酸水を開けたときの音をエフェクトとして使用・ロックバンドとコラボレーションするという企画だった。

サッポロ飲料は、2004年から日本国内で販売しているドイツ産天然炭酸水「GEROLSTEINER(ゲロルシュタイナー)」の炭酸水で生成された音で音楽を奏でる、世界初の音楽プロジェクト「GEROCK(ゲロック)」を展開している。
同プロジェクトでは、炭酸水を開けたときや振ったときに発生する炭酸音を、独自のエフェクト音に変換して、「GEROLSTEINER」の持つ「スッキリ」・「爽快」といった世界観を音楽で表現する

引用:RBB TODAY

アーティスト・曲目一覧

1 Get Off of My Way MAN WITH A MISSION 2012/04/26
2 Mr. & Mrs. Balloon BIGMAMA 2012/07/17
3 starrrrrrr [Champagne]([Alexandros]) 2012/11/06

Get Off of My Way – MAN WITH A MISSION

実験室的な空間で炭酸が勢いよく吹き出す様子を、そのまま視覚的にも使ったMV。
サビでは(多分本物よりも派手に)炭酸飲料が打ち上がって、その際のエフェクト音もMAN WITH A MISSIONのパワフルでキレのいいサウンドとマッチしている。

Mr. & Mrs. Balloon – BIGMAMA

風船が飛ぶ様子を炭酸の泡に見立てるという比喩的表現で爽やかに仕上げている。1作目のMAN WITH A MISSIONが見せたパワフルな表現とは別の方向での表現。私は炭酸飲料とコラボレーションときいたらどちらかというとこのBIGMAMAのような表現が先に思い浮かぶ。
全体的に画面の色が青みがかっているのに何らかの理由があるのではないかと私は思うのだが理由はよくわからない。

starrrrrrr – [Champagne]([Alexandros])

メンバーの後ろに配置された柱にエフェクターとシンクロして炭酸の泡の映像が映される、3組の中でも異空間的な演出。
背景の柱が映らない場面ではメンバーの姿が実態になったり泡のように描かれたりと、エフェクターのシーンでは映像にもエフェクトが入るようになっている。
[Champagne]ハマりたての時に個人的にめちゃめちゃ再生したが、感情的な部分で感情的に音・映像共にエフェクトがかかってすごくいい

すごくいいのでまたやってほしい(小学生並みの感想)

この企画のさらにすごいところは、これらの曲が全て新曲であるという点である。
一組ではなく複数のアーティストがコラボレーションすることで、クオリティもより確実なものになるしアーティストごとに表現も違って面白い。
ちなみにこのGEROLSTEINER(ゲロルシュタイナー)の炭酸エフェクトが無料で提供されていたのだが、今探したらなかったのでどうやら消されてしまったようだ。5年も前の企画なので当然かもしれないが。

調べて初めて知ったが“世界初の音楽プロジェクト”とのこと。
企画で上がってきた3曲どの作品も素晴らしく、こういった企画(今のこの3バンドで実現するのは相当難しいかもしれないが)をそろそろまたやってほしいなという希望を勝手に持っている。

【メイキング映像リンク】
MAKING OF GEROCK / MAN WITH A MISSION
MAKING OF GEROCK / BIGMAMA
MAKING OF GEROCK / [Alexandros]