[Alexandros]川上洋平さんの「自分フェス」が考え始めると予想以上に楽しいのでおすすめ

[Alexandros] 川上洋平 自分フェス 洋フェス 2017

ラジオ番組”SCHOOL OF LOCK!”のレギュラーコーナー『アレキサンドLOCKS!』にて、先週・今週と[Alexandros]川上洋平先生が話題にしていた「私の妄想夏フェス企画”川上洋フェス 2017″」
これは「川上洋平がもしフェスを開催したらこんなフェスになるのではないか?という妄想フェス」。去年もやっていたということだ。

洋平先生「こうやって好きなアーティストを並べてみるのも、“夏フェスに行けないよ!” という人にはいいかもね!ただ単に好きなプレイリストを並べるんじゃなくて、出順的な感じで並べてみても良いかもしれませんね。
“朝だったらこのバンドだよね!全部聴きたいけど、朝聴くとしたらこれだよね!”みたいなね。
それで夜になって“星空の下ではこのバンド聴きたいな!”とそういう風な並べ方をすると素敵なプレイリストになるかもしれません。
ぜひ僕の洋フェスみたいに5組ぐらいのアーティストをぜひ[アレキサンドLOCKS!掲示板]に書き込んで欲しいなと思います!
開演は9時ぐらい?……アーティストは12時以降にしてあげてください!(笑)」

引用:洋フェス 2017! | 未来の鍵を握る学校 SCHOOL OF LOCK! アレキサンドLOCKS!

“川上洋フェス 2017”

[Alexandros] 川上洋平 自分フェス 洋フェス 2017
出展:洋フェス 2017! | SCHOOL OF LOCK! アレキサンドLOCKS!

ラジオで発表されていた川上洋平先生の”洋フェス“内容はこちら。

1 攻撃的国民的音楽 八十八ヶ所巡礼
2 Skyline FKJ
3 Ants Starcrawler
4 Black Beatles ft. Gucci Mane Rae Sremmurd
5 Feel like [Alexandros]

このように、できるできないは無視してもう私利私欲のために好きなように最強のフェスをつくるというものだ。

洋平先生がこれを発表した後に、あなたも”自分フェス”を考えてみては?と促すわけだが、私もそして他のリスナーもきっと本気なりふわっとなりで考えたことだろう。
掲示板で自分フェスの募集をして、翌週の番組で発表していたが人の考えたものを聞くのも楽しかった
知らない人のオリジナルフェスでもこれだけ楽しいのだから知り合いならなおさら盛り上がりそうだ。

勝手にやる場合は曲数もルールに加えるとさらに楽しい

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017
出展:ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017

自分の好きなアーティストを好きなように組み合わせて自分だけの最強のフェスを作っちゃおうという話だが、これがなかなか初めてみると思いのほか真剣に考えてしまって楽しいのでぜひやってみてほしい。
ラジオであるという都合上なのか、洋平先生は各バンドにつき1曲だったが、実際のフェスを考えると(そもそも実際のフェスではないが)各バンド7~8曲、トリだけ9~10曲かなといったところだと思う。

・12時スタート
・バンドは5組まで
・各バンド7曲
・トリのバンドのみ9曲

この縛りで考えると、考え始めるときもワクワクするのだが、予想以上に7曲だと足りないよ!とか、ここで一回落ち着く曲がほしい・つかみはこれでしょ・夏だからこれでしょ・最後はこれでしょなど曲順に悩んだりとか、楽しい悩みで楽しく苦しめるのでおすすめ
現実的に考えつつも、海外アーティストは厳しいとかそういうのは緩く考えるのがコツだ。

楽しいし、もう一つ利点として、その夏のお気に入りプレイリストが勝手にできる。もう私の今年の夏のドライブはこのプレイリストを何回も使うことになるだろう。
毎年続けたら自分の聴いていた音楽の歴史みたいになって更に面白いのではないだろうか?